米カフェチェーンが始めた糖分の過剰摂取対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

The sweet facts

Sustainablebrands.comから翻訳・転載] 糖分の過剰摂取は近年、食品業界で注目されている課題だ。2016年10月には、世界保健機関(WHO)が生活習慣病の防止のために糖分が含まれる飲料などに課税する案を報告書で発表している。そんな中、米ベーカリー・カフェ・チェーンのパネラ・ブレッドは8月23日、消費者に糖分に関する情報をより分かりやすく伝えるために、糖分やカロリーの量をカップに直接表記する新たな方針を発表した。(翻訳・編集:梅原 洋陽)

 

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年9月2日(土)0:39

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑