教育格差解消へ、学習管理ツールをNPOに無償提供

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

学習アプリを手がけるスタディプラス(東京・中央)はオンライン学習管理ツールの「Studyplus for School」を10月から、NPO法人キッズドア(東京・中央)へ無償で提供する。キッズドアは貧困状態にある子どもたちを対象に、無料で学習支援をするが、人材などリソース不足で十分な支援を届けられない課題もあった。同ツールでは自宅での学習を記録し、授業のない日にも先生と生徒の情報共有が可能になる。支援の質を上げることで、教育格差解消に貢献する。(辻陽一郎)

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年10月31日(火)23:08

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑