経団連、SDGs達成を前面に企業行動憲章を改定

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

一般社団法人・日本経済団体連合会(経団連)は11月8日、「企業行動憲章」を7年ぶりに改定した。同憲章は企業が遵守、実践するべき項目として経団連が1991年に制定した倫理規定。今回の改定ではSDGs(持続可能な開発目標)の達成が前面に押し出されており、企業が「持続可能な社会の実現を牽引する役割を担うことを明示した、極めて重要な改定」(経団連)と位置付けられている。(オルタナ編集部=沖本啓一)

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年11月10日(金)20:09

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑