全国初、ミニストップ店舗で国産エコ認証木材を再利用

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

組み立て中のリユース店舗。木材の接合部に金物を使用することで、解体後の再利用が可能になる。

国産FSC認証木材をリユースして建てられたミニストップがこのほど、埼玉県深谷市でオープンした。閉店店舗で使用していたFSC認証木材を新規店舗の建設に利用する試みは国内外の商業施設で初。ミニストップは2009年から国産のFSC認証材を活用した店舗展開を進めている。建設段階からリユースを見越した建築方法などの対応をとっているが、実際のリユースには閉店店舗と開店店舗の距離の近さなど、条件が揃うことが必須となる。(オルタナ編集部=沖本啓一)

ミニストップは、2009年から継続的に国産FSC認証木材を使用した店舗を建設している。2017年12月末現在で延べ246店舗がFSC認証資材を使用した店舗だ。これらの店舗は建設段階から、閉店後に資材をリユースすることを見越して設計されている。今回、埼玉県深谷市にオープンしたミニストップ深谷小前田店は、実際にリユースによって建設された店舗の第一号だ。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年1月24日(水)21:40

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑