積水ハウス石田常務「経営戦略と環境戦略は一体」

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

サステナブル・オフィサーズ 第21回

Interviewee
石田 建一 積水ハウス株式会社 常務執行役員・環境推進部長兼温暖化防止研究所長

Interviewer
川村 雅彦 オルタナ総研 所長・首席研究員

積水ハウスは2017年10月、日本の建設業で初めて国際イニシアティブ「RE100(注1)」に加盟した。2040年までに、事業活動で消費する全電力を自然エネルギーに切り替える方針だ。「環境戦略と経営戦略は一体。会社が言行一致することがカギになる」と石田建一環境推進部長兼温暖化防止研究所長は話す。その言葉通り、同社は2008年の脱炭素宣言以降、新築戸建住宅のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の割合が74%に達するなど環境戦略を着実に進めている。

環境戦略はお客様の幸せのため

川村:積水ハウスは、今年10月に国内建設業としては初めてRE100に加盟しました。以前からZEHの推進には積極的に取り組んできました。積水ハウスがこのように環境問題に積極的に取り組むのはなぜでしょうか。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年2月2日(金)20:33

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑