美容技術を伝え、カンボジアの若者支援:ヘンケル

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

カンボジアでの美容職業訓練

ヘンケルジャパンは2月1日から3月31日まで、カンボジアの青少年に向けた美容職業訓練のボランティアトレーナーを募集している。選考を通過したトレーナーは、恵まれない青少年の自立支援などを目的として、6月にカンボジアへ渡航し日本の美容技術を指導する。「未来をつなぐ夢はさみ」と銘打たれたこの取り組みは今年で10年目。同国でこれまでに277人の生徒が受講し、そのうち3人が美容サロンをオープンして独立、40人が美容関連で就業した。(オルタナ編集部=沖本啓一)

ヘンケルジャパンが2008年から実施している「未来をつなぐ夢はさみ」は、認定NPO法人「国境なき子どもたち」(KnK、本部・東京)と協同で、同NPO法人が支援するカンボジアの恵まれない青少年を対象に、15日間のプログラムの中で、カットの技術や理論など日本の高い美容技術を伝えることで自立を支援したいという思いからスタートした。現地にある同NPOの施設「若者の家」を拠点として利用し、カンボジアの青少年に日本人美容師の技術を輸出する。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年2月9日(金)22:24

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑