ヤフー、「3.11」検索などで1億円超を復興支援団体に寄付

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

Search for 3.11

ヤフーは13日、自社の検索エンジンYahoo!JAPANで利用者が「3.11」と検索すると一人につき10円を復興支援団体に寄付するプロジェクト「Search for 3.11」や3月に期間限定で募ったネット募金で総額1億414万6553円が集まったと発表した。同社は検索エンジンを使った寄付を14年に始め、復興の進捗にあわせ寄付先を決めてきた。初年度はコミュニティづくりを行う団体への寄付が中心だったが、今年の寄付先は若者の教育支援に携わる6団体が選ばれた。(オルタナ編集部=小松 遥香)

ヤフーは2012年、宮坂学社長の就任に伴い「日々の生活の課題を一つひとつ解決する『課題解決エンジン』であること」をミッションに掲げた。同年には、宮城県石巻市にオフィス「ヤフー石巻復興ベース」を開所し、社員を現地に派遣。被災地の特産品などを販売する「東北エールマーケット」を開設し、2013年からは津波の被害を受けた宮城県沿岸部を自転車で走る「ツール・ド・東北」を開催するなどして独自の復興支援を続けている。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年3月14日(水)19:15

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑