社会と会社を幸せにする、サーバント・リーダーシップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

【CSRブランディング最前線! 第23回】「オレについてこい!」とぐいぐい引っ張るリーダーから、支えるリーダーへ。権力ではなく、権威で動いてもらうリーダーへ。企業は関わる人々に対し「サーバント・リーダーシップ」を発揮し、共感と信頼を獲得することで、持続的成長・中長期の企業価値向上につながります。次の時代に向けて、社会と会社を幸せにするための視点として、「サーバント・リーダーシップ」という考え方を取り上げます。

「サーバント・リーダーシップ」って、何?

新しい言葉のように聞こえるかもしれませんが、以前からある概念です。1970年に、元AT&T(アメリカ電話電信会社)のロバート・K・グリーンリーフ博士が提唱した、あるべきリーダー像です。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年3月20日(火)23:10

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑