「ソーシャルインパクト」は小手先では測れない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャル・インパクト・シリーズ:パート1

社会的インパクト評価イニシアチブの年次会合である「Social Impact Day 2018」(1)が6月27日、東京で開かれた。今回のテーマは『社会的インパクト「評価」→「マネジメント」へのシフト』だったが、3年連続で300人収容の会場がほぼ埋まった。会合では「社会的インパクト・マネジメント・フレームワーク」(2)も公表された。(CSOネットワーク代表理事・今田 克司)

■ソーシャルインパクトの多様性とは

Social Impact Day 2018で基調講演中のジョン・ガルガーニ氏(撮影:社会的インパクト評価イニシアチブ共同事務局)

基調講演者のジョン・ガルガーニ氏(Gargani + Company代表/ 元全米評価学会会長)が強調したのは、ソーシャルインパクトの多様性だ。

社会課題の解決に、投資家や営利企業など、市場原理の「ものさし」で参入するアクターが増えている現状を捉え、一人一人で異なる社会的価値を共通の「ものさし」で測る難しさを、私たちがしっかり理解する必要性を力説した。

ガルガーニ氏は「ソーシャルインパクトの議論が進む英米でも、社会的価値の測定に関する議論は混沌としており、結果として安易に「ソーシャルインパクトの500グラムの缶詰を売り買いする」ようなことは避けるべき」と警鐘を鳴らした。

氏によると、社会的価値の測定や評価を正しく行うためには、これまでの市場原理のなかに「社会的」な価値を埋め込むような小手先の作業ではない、まったく新しいパラダイムが求められるという。

■社会的インパクトは、どう測るのか

ガルガーニ氏の基調講演の詳細は、筆者も含めた日本側の会議主催者(社会的インパクト評価イニシアチブ共同事務局)に事前に知らされていたわけではない。だが、基調講演を会場の最後列で眺めていた筆者(氏を呼んだ張本人でもあるが)は、胸のつかえが取れていく思いを持った。

会場で氏の話を聞いていた人々の頭からハテナマークがたくさん湯気のように上がっているのが見て取れた。いくつかの事前会合でも質問が出ていたが、多くの人は、「社会的インパクト評価って具体的にどうやるのか」「社会的インパクトは、どう測るのが正しいのか」に対する答えを求めていた。そしてそれに対する氏の答えは「ちょっと待ちなさい」だったのである。

■社会的インパクト・マネジメントとは

ページ: 1 2

一般財団法人CSOネットワーク
1999年に設立、2011年一般財団法人化。「公正で持続可能な社会に向けた価値ある取り組みを見出し、マルチステークホルダーの参画による社会課題解決を促す」をミッションとし、社会的責任・サステナビリティ推進事業、地域主体の持続可能な社会づくり、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」推進、社会的インパクト・マネジメント事業(インパクト・マネジメント・ラボ)など、幅広い取り組みを行っています。 ウェブサイト:http://www.csonj.org/about/  フェイスブック:https://www.facebook.com/csonj

2018年7月4日(水)14:02

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑