石炭や原発企業への融資額、最大はみずほFG

このエントリーをはてなブックマークに追加

環境NGOの350.org日本支部(東京・千代田)は9月10日、地球環境に悪影響をおよぼす石炭開発・化石燃料保有や原発産業に投融資しない金融機関を選ぶ「クール・バンク・ランキング」を発表した。このうち楽天銀行とじぶん銀行の2行に「シルバー」ランクが付与された。石炭や原発企業への融資額が多い金融機関の1位はみずほフィナンシャルグループだった。

ランキングは銀行や信用金庫、生損保など国内の金融機関59社の投融資状況を調べ、アンケート調査も同時に実施した。

その結果、「ゴールド」は該当なし、シルバーは2行、「ブロンズ」は旭川信用金庫など信用金庫2行と中央労働金庫など労働金庫13行が選ばれた。

このほか、アンケート調査には回答しなかったものの、化石燃料や原発産業に「おそらく投融資をしていない」と判断された37の金融機関が、「ノミネート」のカテゴリーに入れられた。「ノミネート」ランクの金融機関は、アンケートに回答さえすれば、次回は上位のカテゴリーに入る可能性がある。

一方、特定石炭開発、化石燃料保有、原発関連企業への「融資・引受」が多い金融機関のワースト5は(1)みずほフィナンシャルグループ(2)三井住友ファイナンシャルグループ(3)三菱UFJフィナンシャルグループ(4)野村ホールディングス(5)大和証券グループ――だった。

特に石炭開発への融資・引受は2015年の55億ドルから2017年には99億ドル、2018年(7月まで)は44億ドルと、「2015年のパリ協定採択後にむしろ増えている」ことを350.org日本支部は憂慮している。

特定石炭開発、化石燃料保有、原発関連企業への「投資」が多い金融機関のワースト5は、(1)三菱UFJファイナンシャルグループ(2)野村ホールディングス(3)日本生命(4)三井住友トラスト・ホールディングス(5)明治安田生命――だった。

2018年9月10日(月)19:50

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑