NGO「東京五輪施設の違法木材、SMBCなど関与」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年東京五輪の施設建設で使用された輸入木材が、東京五輪組織委が定めた持続可能性に適合せず、違法木材であった可能性が高いと指摘したNGO報告書の中で、「三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)、住友林業、王子ホールディングスの責任が大きい」との記述があることが分かった。(富永 周也)

この報告書は、環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN、本部・米サンフランシスコ、日本代表部・東京都新宿区)などが共同で11月12日に発表した。RANのほか、WALHI(インドネシア環境フォーラム)など3つのNGOが作成にかかわった。

報告書は二つあり、それぞれ「守られなかった約束」、「ペリラス:コリンド、土地強奪と銀行」とのタイトルが付いている。

ページ: 1 2

2018年11月20日(火)14:32

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑