東京2020 組織委員会が新たな気候変動枠組みに参加

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京2020 組織委員会は12月11日、ポーランド・カトヴィツェで開催されている気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)で、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の取り組みの一環として、「スポーツ・フォー・クライメート・アクション・フレームワーク」に参加することを発表した。同フレームワークはスポーツにかかわる気候変動対策の重要性を示し、気候変動対策を協同で進める枠組みで、同日に設立された。(オルタナ編集部)

東京2020 大会は気候変動分野に関する目標として「Towards Zero Carbon」を掲げ、既存会場の活用や省エネルギー化、再生可能エネルギー電力の利用といった取り組みを進めるとしている。

スポーツ・フォー・クライメート・アクション・フレームワークでは、パリ協定やSDGs(持続可能な開発目標)に対して、スポーツを通じて貢献することも目指している。東京2020 組織委員会は、「国際オリンピック委員会(IOC)も本枠組みへの参加を表明しており、スポーツ界として気候変動対策への取り組みを積極的に進めていく」としている。

【「Sports for Climate Action Framework」参加団体の5つの原則】
1.計画的に環境対策に取り組む
2.総合的な気候変動対策を実施する
3.気候変動対策に関する普及啓発を行う
4.持続可能な選択を推進する
5.ステークホルダーと協力し気候変動対策を推進する

2018年12月11日(火)21:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑