ドイツに学ぶ持続可能な暮らしのヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビールにソーセージ、クリスマス・マーケットやオーガニック・スーパー、石畳の道に古城。今秋、環境先進国と言われているドイツに、自然エネルギーの普及状況を視察に行ってきました。今回は自然エネルギーだけではなく、ドイツで見てきた「持続可能な暮らし」をテーマに報告します。(グリーンピース・ジャパン エネルギー担当=石川せり)

■月明かりを楽しめる省エネの街

10月間近のドイツは、日本とは打って変わって最高気温が15度程度とすでに寒く、目覚めた朝7時は夜明け直後のような明るさしかありませんでした。出張初日から冬のヨーロッパに来たことを実感する朝を迎えました。私は夜にハンブルクに到着したのですが、街全体の灯りがとても暗いことに驚きました。現地のグリーンピースの同僚によれば、これも省エネの一環だそうです。東京の街の灯りになれた私には、ちょっと怖いと感じるくらいの暗さでしたが、数日後には煌々と光る夜の街よりも、月明かりを楽しめる夜もいいなあ、と思うようになりました。

ハンブルクは、ドイツ北部にありエルベ川が街中に流れる港町で、かつて倉庫として使われた赤レンガの建物がいまでも残り、あたり一帯の倉庫街は世界遺産にもなっているそうです。現在はオフィスやレストランなどとして使われていますが、外観は当時のままになっており、建築好きな私には心が弾む街でした。

ハンブルクにある倉庫街 © Greenpeace

港にはたくさんの風車の姿があり、ドイツが自然エネルギー先進国と言われる理由がわかります。よく「自然エネルギーは安定しない」との声がありますが、朝でも夜でも風に吹かれてまわる風車が印象に残りました。

ハンブルクの港に設置されている風車 © Greenpeace

■持続可能な社会を目指す電力会社

ページ: 1 2

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。問題意識を共有し、社会を共に変えるため、政府や企業から資金援助を受けずに独立したキャンペーン活動を展開しています。本部はオランダにあり、世界55カ以上の国と地域で活動し、国内だけでは解決が難しい地球規模で起こる環境問題に、グローバルで連携して解決に挑戦しています。

2018年12月20日(木)13:11

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑