「アースアワー2019」、1000超の団体・企業が参加

このエントリーをはてなブックマークに追加

WWF(世界自然保護基金)主催し、世界中の人々が同じ日、同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意思を示すプロジェクトである「アースアワー2019」が3月30日実施される。横浜市、広島市などの自治体、パナソニック、ソニー、セブン&アイ フードシステムズ、ワタミなどの企業が参加を表明し、参加団体・企業は1000を超える見込みだ。(オルタナ編集部)

「アースアワー」は、2007年にWWFオーストラリアの地球温暖化防止キャンペーンとして始まった。2018年は188の国と地域が参加し、日本の東京タワーやフランスのエッフェル塔などの世界を代表するモニュメントでも消灯が行われた。

毎年、3月の最終土曜日、20:30~21:30の時間帯で実施され、今年は3月30日が実施日になる。20:30~20:30を迎えた地域から順次消灯が行われ、東から消灯が地球を一周する。

ページ: 1 2

2019年3月27日(水)21:48

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑