廃棄予定の木製パレットがこだわり家具に

このエントリーをはてなブックマークに追加

オルタナ本誌 連載「世界のソーシャルビジネス」(57号)から

青果市場や運送業者から廃棄予定の木製パレットを引き取り、汚れや割れなど木材の表情を生かしたオーダーメイド家具などにアップサイクルするSIL社(和歌山県有田川町)が注目を浴びている。これまで活用されずに廃棄されてきたものに新たな命を吹きこむ画期的なアイデアだ。(上野山 友之)

捨てられていくものに命を吹き込むSIL社の宮尾隆弘代表

運送や倉庫での製品保管などで重宝されている木製パレット。年間約4500万枚が生産されているとされるが、それらは幾度も使用されるなかで汚れ、傷つきやがては活用されることなく、廃棄され
ていく。

年間約90万トンに上ると推定される廃木製パレットは、これまでチップ化や燃料化、エネルギー回収を伴う焼却などでリサイクルされてきたが、新たな活用に取り組む事業者が現れた。

「有田みかん」や「ぶどう山椒」で知られる有田川町にあるSIL(エスアイエル)社は廃棄される予定の木製パレットを引き取り、割れ、ヒビ、汚れ、穴などを木材の豊かな表情と捉え、家具などにアップサイクルしている。

 

※この続きは、オルタナ57号(全国書店で発売中)掲載の連載「世界のソーシャルビジネス」をご覧ください。

2019年7月1日(月)21:27

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑