シリコンバレーVCが語るGAFAの課題

このエントリーをはてなブックマークに追加

オルタナ57号では「GAFAの社会的責任」と題して、第一特集を組んだ。米国に本拠を置く巨大IT企業であるGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に対し、課税や規制強化を求める国際的な声が高まっている。シリコンバレーに本社を構えるベンチャーキャピタリストのアニス・ウッザマンCEOにGAFAの課題を聞いた。(オルタナS編集長=池田 真隆)

アニス氏は、ペガサス・テック・ベンチャーズ代表パートナー兼CEO。世界最大級のピッチコンテスト「スタートアップワールドカップ」を主催しており、これまでに世界で140社以上のスタートアップに投資してきた実績を持つ。

アニス・ウッザマンCEO

GAFAクラスの企業になるとCSRの活動をしていかないといけない。周囲も期待している。例えば、プロダクトのなかに、教育的な要素を入れたり、暴力や犯罪を促すコンテンツのフィルタリングなどだ。次世代育成として、プログラミングやコードの書き方などを教えることも意義がある活動だし、個人寄付と同額を会社がマッチングすることも続けてほしい。

GAFAの課題として、シリコンバレーで問題になっているのは、「家賃の高騰」だ。シリコンバレー近辺で暮らそうとしたら、大手で共働きじゃないと暮らしていけない。

ページ: 1 2

2019年7月3日(水)13:36

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑