北極圏の火災、1カ月で北欧1国の1年分のCO2排出

このエントリーをはてなブックマークに追加

米CNBCは、北極圏における大規模な森林火災の発生によって、今年6月だけで、二酸化炭素の排出量がスウェーデン全体で1年間に排出される量を上回ったと報じた。森林火災は北極圏だけでなくアマゾンでも深刻化しており、大気汚染や地球温暖化の加速を専門家は危惧している。(寺町 幸枝)

深刻化するアマゾン森林火災

きれいな空気が吸えない恐怖

NASA宇宙飛行センターのリズ・ホイ調査官によると、ロシア(シベリア)、アラスカ、グリーンランド、カナダにおける火災は、6月単体だけで5000万トンの二酸化炭素を排出したという。この量はスウェーデンの1年間の排出量とほぼ同量で、過去6月の平均排出量の6倍以上、7月は7900万トンに達した。(参考サイトはこちら

ホイ調査官は、衛星から映し出される雲の動きを観察する専門家で、「今年は、信じられない規模での火災が発生し、その煙は何千マイルの規模で北極圏全体に大気汚染を起こしている」と話す。

過去3ヶ月で240万エーカー(東京ドーム20万個分)が消失したアラスカでは、森林火災の制圧と保護に対してすでに1億5千万ドル(約158億円)以上の資金を投じた。

アラスカのフェアバンク市では、25日間断続的に大気が煙に包まれたため、市民がきれいな空気を吸うことができるように、地域にある複数の臨時病院を開設した。多くの市民も、夏の暑い時期にも関わらず自宅待機を強いられた。

シベリアの森林火災も深刻で、ロシアでは700万エーカー(東京ドーム60万個分以上)の広さが消失。プーチン大統領は消火活動に軍を投入した。

世界規模で起きる森林火災

ページ: 1 2 3

2019年8月25日(日)12:43

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑