環境省2事業、特別枠での実現困難

このエントリーをはてなブックマークに追加

玄葉光一郎国家戦略担当相が議長を務める「評価会議」は、政府が来年度予算で設ける「元気な日本復活特別枠」の配分を決める政策コンテストを11月13日まで行った。環境省の2事業が討議されたが、会議メンバーから批判を受け事業化は厳しくなった。

対象の2事業は、一般家庭で低炭素機器の普及を促すエコリース事業(要求額40億円)と、一般家庭向けにエコ製品の導入をアドバイスする環境コンシェルジュ事業(同20億円)。メンバーからは「他省庁事業と重複」「国がやるべき仕事ではない」との指摘が出た。同会議は今後、来月初旬までをめどに全189事業(要求総額2.9兆円)を4段階で評価して1.3兆円に絞り込み、菅直人首相が配分を最終決定する。

15日から4日間の日程で始まった事業仕分け第三弾でも、環境省の事業に厳しい指摘が相次いでいる。(オルタナ編集部=石井孝明)11月16日

元気な日本復活枠 説明WEBページ(首相官邸)

2010年11月17日(水)9:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑