ユーグレナがPETを紙に転換、18歳CFOが提案

ユーグレナはこのほど、同社が販売する飲料容器からペットボトル商品を一掃することを決めた。すでに「飲むユーグレナ乳酸菌」などの商品は紙製カート缶で販売しており、既存のペット飲料は同様の容器に切り替える。一部商品のプラ製ストローの有無も顧客が選べるようにする。18歳の小澤杏子CFO(最高未来責任者)が提案・主導した。2021年中には全商品における石油由来のプラ使用量50%削減を目指す。(堀理雄)

小澤杏子CFO(中央)と、8人の「フューチャーサミット」メンバー

同社は9月以降、「おいしいユーグレナ 野菜と乳酸菌」などペットボトル入りの商品を全廃し、紙製のカート缶容器に切り替える。またサイトで販売する紙容器商品について、プラ製ストローの有無を顧客が選択できるようにする。

ペットボトル飲料は、同社の流通飲料売上の35%以上を占める主力商品のひとつ。容器廃止に伴い、スーパーなどで確保されていたペットボトル用陳列棚に商品を置けなくなるため、9月以降の紙容器での陳列継続に向けた店舗への説明など準備を進めているという。

ペットボトル容器の全廃で、同社商品における石油由来プラ使用量全体の4%削減を見込む。2021年中の50%削減の目標に向け、さらに容器の軽量化や商品ラインナップの見直しを進めていく考えだ。

■未来を生きる当事者主導の経営方針を

ページ: 1 2

2020年7月10日(金)11:16

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑