もう一つの家族 (希代 準郎)

作家

 そんなある日、エミから「車いすテニスに挑戦してみない?負けた側が勝った人の要求に従うの」松山と山下は誘われた。学生時代テニス部にいた松山と運動神経のいい山下は喜んだ。「生意気な新参者をギャフンと言わせてやろうぜ」山下は自信満々だったが、結果は散々だった。車いすは操作が難しくボールを打つどころではなかった。
「障がいは個性なの。それを別にすれば、あなたたちと同じ普通の人よ。楽しく飲んで唄えばいいと思っているコックに、頭でっかちの福祉専門家、慈善家ヅラしたNPO、そして、いじめっ子だったエリートの松山君。健常者は何か勘違いしているんじゃないの?アパートのルールをちゃんと守るか、出ていくか、どちらかにしてちょうだい」とエミはきっぱり言った。
「ここを追い出されては困る」と松山が答えると、「安くて便利だからね」とエミがたたみかける。図星だった。松山が中学生の時、弟が事故で障がいを負い、責任の押し付け合いで両親は離婚した。それで弟が嫌いになった。障がい者の弟がいるという事実は友達にはひた隠しにしていたし、実は弟の世話もほとんどしたことがなかった。アパートに入居する時だけ、弟の障害を利用したのだ。
「弟は事故で車いす生活なんだ」
「そう。弟さん、私と同じね。松山君なら仲良くしているんでしょ。私、小学校でいじめられた時は悲しかったけど、一度、雨の日ぬかるんだ坂道で苦労している時、あなたに助けてもらったことがある。うれしかったわ。覚えている?」
 思い出した。あの時、エミは雨に濡れて泣いていた。普段、強気なエミからは想像もできない姿だった。困っていた。だから助けたんだ、素直な気持ちで。
 その時、ポケットの何かが手に触れた。そうだ、今朝、弟から手紙が届いていたんだ。すっかり忘れていた。急用かなと思って開けると、「兄さん、誕生日おめでとう。いつも心配しているよ。銀行忙しいだろうけど、時には帰ってきてね」
 胸を突かれた。暖かい感情が湧いてきた。今度の週末、実家に帰ろう。そして、新緑の中で車いすを押してやろう、そう思った。
(完)

ページ: 1 2 3

作家
日常に潜む闇と、そこに展開する不安と共感の異境の世界を独自の文体で表現しているショートショートの新たな 担い手。この短編小説の連載では、現代の様々な社会的課題に着目、そこに関わる群像を通して生きる意味、生と死を考える。

2020年9月3日(木)13:10

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑