都市型バイクは安定感で選ぶ

■オルタナ本誌61号 「間違いだらけの自転車選び20」 から

タイヤが太い自転車がクール。アメリカから発信されたトレンドが日本でも浸透してきた。

注目のポイント
1 650B規格のタイヤの優位性
2 ディスクブレーキで安心の制動力
3 ラックなどに対応する拡張性

街乗りで調子がいいスポーツバイクの選び方が変化している。長年にわたり、ロードバイクのタウン版ともいえるクロスバイクが脚光を浴びてきた。これは、ロードバイクと同じ700Cというホイール規格に、軽快なスピード感を楽しめる幅25─32ミリメートルのタイヤを装備する。見た目もスマートである。

これに対して、このところ注目されはじめたのが、タイヤが太いアーバンバイクだ。

*この続きは雑誌「オルタナ」61号(第一特集「新型コロナと持続可能性」、6月30日発売)に掲載しています

1963年東京生まれ。ライター。雑誌を中心に、競うことなく笑顔で楽しめる自転車ライフを提案している。著書「スポーツ自転車でまた走ろう!」 (技術評論社)。

2020年9月24日(木)13:00

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑