水素設備の集中管理システムを構築

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通プレスリリースより引用

富士通は2月28日、水素供給ビジネスの社会実証実験を行う水素供給・利用技術研究組合(HySUT、ハイサット)と共同で、水素ステーションでの水素の在庫や充填状況などのデータを集中管理するシステムを構築したと発表した。

HySUTでは都内の杉並区、大田区羽田、千葉県成田市に水素ステーションを開設しており、今回構築した「水素ステーション集中管理システム」を運用している。

同システムの運用で、燃料電池自動車への充填、製造・調達・補充により常に増減する水素量を把握し、水素ステーションの稼働情報や燃料電池車両の走行情報などの実証データを一括して管理する。これによって得られた各種データをもとに、安定した水素供給の確立と将来のビジネスモデルの検証を行うのが狙いだ。(オルタナ編集部=斉藤円華)2011年3月1日

富士通 プレスリリース

2011年3月1日(火)11:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑