オルタナ No.7 Apr 2008

このエントリーをはてなブックマークに追加
おかげさまでこちらの号は完売いたしました
オルタナ No.7 Apr 2008第一特集

環境・CSR経営
世界ベスト77企業

売上高や利益を前世紀のビジネス指標とするなら、21世紀はそれらに加えて、環境への取り組みやCSR(企業の社会責任)、エシカル(倫理的)な規範などが新しい評価基準となるだろう。創刊号の「他とは違う51社」を拡大し、独自に先進的な取り組みをする企業77社を日米欧から厳選した。

オルタナ・パーソン
柏木孝夫氏 (東京工業大学統合研究院教授)

ノーベル平和賞 喜ぶヒマない

昨年、地球温暖化問題への取り組みでアル・ゴア氏とともにノーベル平和賞を受賞したIPCC(気候変動に関する政府間パネル)。日本人には縁遠い組織と思われているが、実は多くの日本人研究者が関与してきた。その一人、柏木孝夫・東工大教授に、地球温暖化問題と国際政治の密接な関係、ポスト京都議定書の行方などを聞いた。

civilization
9
オルタナティブ文明論 田坂広志
歴史は、どのように発展しているのか

これから、我々人類の文明は、どこに向かうのか。

その問いに対する答えを得るためには、まず、歴史というものが、どのような法則で発展しているかを学ぶ必要がある。そして、その法則を教えてくれる一つの哲学が、ドイツの哲学者、ゲオルク・ヘーゲルの「弁証法」である。特に、彼の弁証法の主要なテーゼ、「事物の螺旋的発展の法則」は、我々に、歴史の発展のプロセスについて、深い洞察を与えてくれる。では、それは、いかなる法則か。

photo gallery
5
一輪車で運ぶ笑顔——アフガニスタンの子供たち
marketing
31
もう一つのブランド論 何のためのビジネスか

本稿執筆時点、日本では中国製ギョーザ事件が騒がしい。冷凍食品をスーパーで買わなくなった生活者は、自宅で手作りする「原点回帰」しているという。あるスーパー(関東圏基盤)では、冷凍ギョーザ、シューマイの売上が前年同期比30%ダウンしたのに対し、ギョーザの皮やひき肉の販売が20%増えている。他の全国区大手スーパーや個店(精肉店)でも同様の傾向が見られ、ギョーザや春巻の皮は陳列した途端に売り切れるため、仕入れ個数を見直すバイヤーの動きがある。

CSR 1
33
ソフトバンク(株) 総務部 CSRグループ
萩原美穂さん
CSR経営論
CSRファシズムに違和感
CSR 2
35
ジョン・ウッドからの手紙
表参道の夜、忘れられない
CSR 3
37
NPOフロンティア
アマゾンの熱帯雨林で進む「協働」
news scramble
38
国産材でエコ住宅ほか
news edge
41
米英の流通大手がレジ袋対策ほか
environment 1
43
藤井教授の環境金融論
「カーボン」が投資を左右する時代
私のエコひいき  女性の力でCSRを
environment 2
45
オルタナティブな空間
日本橋の裏路地、
倉庫を仕事場に改造した
food
47
グリーン・ミシュラン ナタラジ  南青山店
グリーン・グルメ・ガイド
海の精 「国産有機・紅玉ねり梅」ほか
health
49
KIYOの哲学 実践編
おまめマメ豆サラダ
1日2食 夜の主食は大豆に変えよう
culture
51
movie もう一つの話題作
「船、山にのぼる」
book 後書きの余韻
『おカネで世界を変える30の方法』
dialogue
53
田口ランディ—「エゴからエコへ」
絶望こそが希望である
reportage
54
ハングリー・フォー・ミッション
『ワンピース』感覚、皆で出帆
travel
56
フランス・シャトーホテル巡り
フランス初の鉄筋コンクリート
 shop & goods
59
一貨店礼賛
グリーティングカード専門店ほか

 neo capitalism

62
「公益資本主義」のススメ 原丈人
会社は株主だけのものではない
alt keyword
エシカル

パリでは3年前から「エシカルファッションショー」というイベントが開催されている。ここで登場するファッションは、環境保護や社会貢献などに配慮して生産されたものばかり。例えばオーガニックコットンを利用した衣類や、フェアトレードを利用して生産した衣類が登場する。生産工程を公正にすることで、原産地の健全な発展に寄与できる。

2008年3月31日(月)17:21

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑