「食育」「木育」の次は「花育」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「花育」は、園芸を通して自然や命を考える教育活動

住友化学園芸(東京都中央区)の「学校花壇応援プロジェクト――みんなの花をきれいに咲かせよう」が、4月15日に始まる。同社の創立40周年を機に立ち上げられたプロジェクトで、今年度が3回目。環境教育や子どもの心の育成にも役立つ「花育(はないく)」を目的に、抽選で30の小学校に肥料セットを贈る。

セットの内容は、固形肥料「マイガーデン」と液体肥料「花工場原液」、フックでつり下げれば約1カ月間ユスリカやチョウバエを寄せ付けないという「無虫空間虫よけ吊り下げ60日用」の3種。マイガーデンは「植物全般用」と「野菜用」それぞれ1.6kg入りが24袋ずつ、約1年分を提供する。植物全般用については、児童に配りやすい10g入りの試供品400個もつく。

申し込みは、特設ホームページ「Let’s GARDENING(レッツガーデニング)2011」で4月15日から6月末まで受け付けている。教員に限らず、児童や保護者なども応募可。参加校の活動の様子は6月以降、同サイトで紹介される。(オルタナ編集部=瀬戸内千代)2011年4月12日

「Let’s GARDENING(レッツガーデニング)2011」 http://www.sc-engei.com/

2011年4月12日(火)16:29

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑