福島第一原発、8日未明の黒煙は「もや」

このエントリーをはてなブックマークに追加

8日午前1時16分から33分までの福島第一原発(TBS/JNN Newsi.より)

8日午前1時過ぎ、TBSなどJNN系列による福島第一原発の定置カメラ情報で、第一原発3号機付近から黒煙のようなものが立ち上る様子が確認され、ブログやツイッターなどソーシャルメディアで「新たな爆発など何かの異変が起きたのでは」と書き込みが相次ぐ騒ぎがあった。

黒煙のようなものが観測されたのは午前1時16分から33分の間。オルタナS編集部が東京電力広報部に電話で取材をしたところ、「靄(もや)と思われるものが発生し、照明の影となって黒く見えた」との返答があった。

同社広報部は「もやは(5月3日ごろから続く)3号機の原子炉内温度上昇との関連性はなく、1号機から4号機までを覆うような水蒸気が3号機から発生することは有り得ず、水蒸気発生の事実もない」という。

福島第一原発の夜間の照明に関しては、「現場の安全確保および緊急時への即時対応のため、夜間は常時点灯しており、同時間帯に作業をした事実はない」としている。(オルタナS 高橋遼)

2011年5月9日(月)14:49

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑