個人間の支援物資 仲介サイトに4千人

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人間で物資支援のマッチングを行うウェブサイト「Toksy(トクシー)」

個人間で被災地への物資支援が行えるウェブサイト「Toksy(トクシー)」が話題だ。震災後一カ月でサービスを開始し、現在までにおよそ4100人の会員登録があった。サイト上では、毎日200~300品ほどの物資をやり取りし、実際に配送もされている。

このサービスは、まず出品者が自分の支援できる物資をサイト内で紹介、それを希望する被災者側が配送依頼を出し、出品者が送料を負担した上で被災地に送るという仕組みだ。

被災者側からのリクエストも可能で、「宮城県石巻市在住です。近所の避難所になっている体育館の方の希望でタオルケットと食器お願いします。」といった投稿が1日に50件ほど寄せられる。こうしたニーズに対して、実際に物資が提供されるなど、被災者からの直接の声に対して物資支援ができるのも大きな特徴だ。

運営するのは今年2月に立ち上がったシステム開発を行う株式会社オンザボード(神奈川・横浜、和田憲治 社長)。開発から運営までをほぼ一人で担当する山下博巨さんは、「いまも一日100人のペースで会員は増えているが、企業としてやっている以上、長期的に継続するために収益化を考えていかなくては」と話す。

ユーザー数をさらに拡大するとともに、出品者が負担している配送料の値下げや、企業の協賛を募ることなど、サイトの継続をもとに長期的な支援をしていきたいとしている。(オルタナS 高橋遼)

2011年6月14日(火)20:14

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑