自然エネ、日本の特許出願が55%

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界各国で出願された約4万7000件の自然エネルギーに関する特許のうち、日本で出願された特許件数が全体の55%を占めることが、環境省のまとめで分かった。7月の中央環境審議会地球環境部会に提出された資料で示された。

特許出願件数は日本が55%で、米国21%、欧州7%、複数国で有効な国際出願7%、韓国7%、中国3%となった。日本の出願のうち、太陽光発電・太陽熱などの太陽エネルギーの利用技術が57%と最多で、水力14%、バイオエネルギー12%、風力8%、地熱5%、海流や潮の満ち引きなどを利用する潮力や波力4%となった。世界知的所有権機関(WIPO)の調査を踏まえて同省が調べた。中国は91~06年、その他は70~00年代が対象となった。

調査は日本の技術力を世界の中で確認したいという委員らの意向で行われた。日本の活発な研究活動と成長の可能性を示すものとなったが、商品化の面では世界のトップを走る状況にないのが現実だ。(オルタナ編集部=石井孝明)8月3日

2011年8月3日(水)9:27

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑