スマートグリッドを米州で展開─伊藤忠

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤忠商事は3月29日、米 インディアナ州と環境未来都市の推進などで包括提携したことを発表した。オバマ政権が推進する「賢い送電網」と呼ばれるスマートグリッドを整備し、太陽光発電などの再生可能エネルギーでの電気自動車(EV)の普及実験などを行う。伊藤忠は実験で得られたデータを、日本と世界でのエネルギー事業に役立てる。

スマートグリッドとは、人工知能などを組み入れた機器などを設置し、その電力需給を自動的に調整する電力網で、次世代の送電方法として世界で研究が進んでいる。伊藤忠は、日本でも同様の実証実験を5月から茨城県つくば市で始める予定。

お問い合わせ:伊藤忠商事 03-3497-2121

2010年5月6日(木)0:45

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑