停電時でもエネファームを発電可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

「停電対応システム」の外観(東京ガスプレスリリースから引用)

東京ガスと正興電機製作所は2日、家庭用燃料電池システム「エネファーム」を停電時でも運転可能にする「停電対応システム」を2012年2月から販売すると発表した。非常時に最低限必要な電力を約24時間供給できるとしている。価格は税込みで168万円。

エネファームは都市ガスを燃料に発電と熱供給を行う「コジェネレーションシステム」だが、システムの運転には系統電力の供給が必要で、停電時には停止する仕組みとなっている。このため東日本大震災時には「停電時も運転を」との要望が利用者から寄せられた。

停電対応システムは容量6.6キロワット時の蓄電池を中心に構成され、通常時に充電を行い、停電時には自動的に放電してエネファームを駆動する。この時の最大供給電力は2.25キロワットで、照明やテレビ、冷蔵庫などの電気がまかなえるという。(オルタナ編集部=斉藤円華)2011年11月3日

東京ガス プレスリリース

2011年11月3日(木)9:05

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑