本田技研の「通行実績情報マップ」がグッドデザイン大賞――被災地支援のための道路情報を提供

このエントリーをはてなブックマークに追加

同社は情報の正確さを求め、24時間以内の情報のみを毎朝10時に更新し続けた

公益財団法人日本デザイン振興会(東京・港)は11月9日、2011年度「グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)」を本田技研工業の「通行実績情報マップ」に贈った。

同社は、震災翌日の2011年3月12日の10時30分から同社独自の双方向通信型のカーナビ「インターナビ」会員(会員数約130万人)の車両から収集した走行実績データを活用した通行実績情報を公開した。

この通行実績情報を活用した地図を、グーグルが3 月 14 日から、ヤフージャパンは4月 21日から公開。4月27日からは両社に渋滞実績情報の提供も開始した。

これにより、東日本大震災の被災地域での移動を円滑にしたこと。そして、既存のシステムを有効に活用することで、解決策を必要としている部分へ迅速にサービスを提供したことが評価された。

「この通行実績情報が被災地域に居住する方々および被災地域へ支援に向かう方々に少しでも役に立てば幸いだ。このインターナビは、もはや道案内を行う『地図代わり』の道具ではない。今後も進化し続けるインターナビに期待されたい」(本田技研工業 インターナビ事業室室長・今井 武さん)。
(オルタナ編集部=赤坂祥彦)

2011年11月11日(金)11:04

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑