2020年までに太陽光4割減の可能性―政府見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまの太陽光システムの価格は、1キロワットあたり計48万~55万円

政府・国家戦略室の「エネルギー・環境会議」のコスト等検証委員会は8日、住宅の太陽光発電システムの価格が、2020年に今より4割、30年に6割下がるとの見通しを示した。今後の政策立案の参考にする。

世界の太陽光発電は急速に伸びており、累積生産量は20年時点で今の10倍、30年で3倍に伸びる。これに伴って価格は下がるとの見通しを示した。

一方で、同会議は発電効率の低さ、直近でのコスト高さなどの課題も指摘した。

また国の原子力委員会は、事故対応を含めた事故発電の原子力のコストを事故損害額5兆円、1kwh(キロワット時)当たり1・6円との試算を公表した。

10月の前回の中間報告では原発事故の損害額を4兆円、1kwh当たり1円程度としていた。ただし、今回の試算でも除染費用は一部しか算入していない。(オルタナ編集部=石井孝明)

国家戦略室 エネルギー・環境会議

 

2011年11月11日(金)11:40

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑