「白い恋人」をパクった吉本興業「話合いを」

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉本子会社が発売する菓子「面白い恋人」 (Wikimedia Commons.)

吉本興業の子会社が発売する菓子「面白い恋人」をめぐって28日、北海道の銘菓「白い恋人」を販売する石屋製菓(札幌市)が商標権の侵害だとして札幌地裁に提訴した問題で、よしもとクリエイティブエージェンシーの担当者は29日、「話し合いで解決したい」と語った。

「面白い恋人」は「白い恋人」とネーミングやパッケージが酷似。吉本興業は「面白い恋人」の商標登録を特許庁に出願したものの、今年2月に「白い恋人」と同一との理由で拒絶されている。石屋製菓の島田俊平社長は28日の会見で「中国も顔負け(の模倣)で、面白くない」と憤った。

よしもとクリエイティブエージェンシーの担当者は「商標登録の申請が認められなかったことと、商標権の侵害は別の事柄だと聞いている。提訴は民事訴訟であり、法廷での決着は望んでいない」と話している。(オルタナ編集部=斉藤円華)2011年11月29日

2011年11月29日(火)11:59

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑