食品の明治、粉ミルクからセシウム、40万缶無償交換へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

明治ステップ(同社ホームページより)

食品大手の明治は6日、乳児向け粉ミルク「明治ステップ」の850グラム入り缶の一部から、最大1キログラム当たり30.8ベクレルの放射性セシウムを検出したと、発表した。

同日から無償交換を行う。生産時期の同じ粉ミルクは約40万缶という。粉ミルクの暫定規制値は同200ベクレルだが、厚生労働省は回収を命じない。

同省によれば福島の原発事故以来、粉ミルクから放射性セシウムが検出されたのは初めて。明治によれば、検出されたのは同社の埼玉工場(春日部市)で3月14日から20日にかけて、原料乾燥の工程を経た製品。

消費者からの指摘で同社は検査を行ったという。原料の脱脂粉乳は、原発事故前に加工したものだが、空気で乾燥させる製造過程で混ざったものと見られる。検出された「明治ステップ」は、賞味期限が12年10月4日、10月21日、10月22日、10月24日の4製造日分で、他の粉ミルク製品と取り替える。

明治ステップは200ミリリットルの湯に粉ミルク30グラムを混ぜて生後1年未満の乳児に飲ませるもので、同社は毎日飲んでも健康への影響の可能性は少ないとしている。同社は乳児用ミルクの全製品種の検査を今後行う。同社は原発事故以降、製品の放射性物質の検査をしていたが、検出例はなかった。

問い合わせは「明治 お客様相談センター」電話0120・077・369まで。(オルタナ編集部=石井孝明)

明治 お知らせ

2011年12月7日(水)11:27

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑