原発「住民投票」署名、東京で伸び悩む

このエントリーをはてなブックマークに追加

原子力発電所の賛否を問う住民投票のための条例の制定をめざす署名活動が東京都内で昨年12月10日から2月9日まで行われているが、集まった署名数は1月8日の時点で必要数の3分の1ほどとなる約7万8千人分にとどまっている。

署名は市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」が実施。住民投票条例の制定に向けて、東京都知事へ直接請求を行うには有権者の50分の1に当たる約21万5千筆の署名が必要だ。

同じ趣旨の署名活動が大阪市でも昨年12月10日から1月9日まで行われたが、こちらは直接請求に必要となる約4万3千人を上回る約5万2千筆が集まった。東京で署名数が伸び悩む背景について同団体事務局の担当者は10日、「市民の間で原発への関心が二極化してきているのではないか」と語った。(オルタナ編集部=斉藤円華)2012年1月10日

東京「原発」都民投票/大阪「原発」市民投票

2012年1月10日(火)11:51

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑