バングラの識字率向上目指しユニクロがアンドロイドアプリ開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

The Value of $1のアプリ

大手アパレルメーカーのユニクロ(山口県山口市)が貧困撲滅などの社会貢献プロジェクトの一環としてAndroidアプリ「The Value $1」を3月29日、配信を開始した。

アプリの言語は、英語、日本語、フランス語、韓国語、中国語(簡体字・繁体字)に対応しており、このアプリを通して電子版ベンガル語学習ブックを1ドルで購入することができる。

先着10000人分の売り上げをバングラデシュの子どもたちの識字率向上に役立つプリントTシャツと学習ブックの生産資金に充てる。本来なら両方のセットで2ドル相当の商品だが、1ドル相当の現地価格でグラミンユニクロを通じてバングラデシュにて販売する。

これらの商品の生産から販売まで全て現地で行われて、そこで生まれた利益は「バングラデシュにおける服の製造販売を通じた社会貢献」を目的とするグラミンユニクロのプロジェクトへと投資される。

また、アプリ上でプロジェクトへの参加登録を行うと参加証明書が発行される。証明書には生産・販売の進捗が反映されて、購入金額がどのように活用されているのかが分かる。

ファーストリテイリング・コーポレート広報部山本慶子さんは「バングラデシュでは識字率が高くない。この社会問題を解決したいと思いアプリを作成した」と背景を話す。(オルタナS副編集長=池田真隆)

2012年4月6日(金)19:19

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑