ミレニアル世代による新たな「場づくり」とは

コミュニティデザインに「場づくり」の新たなうねりが起きている。従来は、主に地域の課題解決のためのものだったが、ミレニアル世代による独自のコミュニティ形成が始まっている。単に同世代の人々が寄り集まることではない。様々な人たちが自分の可能性を伸ばしたり、一人ではできないことを達成する具体的な仕掛けだ。近年、日本全国で同時多発的に80カ所以上にのぼる「場」が生まれている。(オルタナ編集委員・高馬卓史)

ビジョンや目的などに固執しない

「場づくり」とは「小さくてやわらかい社会変革ではないのか」。そう語るのは、兵庫県尼崎市を拠点に数々の場づくりを手がけ、2020年4月に「場づくりという冒険―いかしあうつながりを編み直す―」という著書を世に出した藤本遼氏(1990年生れ)だ。

藤本遼氏
kouma

高馬 卓史(編集委員)

1964年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。総合情報誌『選択』編集長を経て、独立。現在は、CSR、ソーシャルビジネス、コミュニティ・デザインなどをフォロー中。執筆記事一覧

執筆記事一覧
キーワード:

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..