大橋運輸、地域に広がるエコ活動で「eco検定」アワード大賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

エコピープル大賞を受賞した増田さんは、静岡市で食器のリサイクルに取り組んでいる。同市では、食器は不燃ごみとして扱われ、年間1300トンが処分されているという。

そこで、増田さんは、「もったいない食器市」を開き、不用食器を回収。使用可能な食器はリユースし、割れてしまったものは粉砕工場で「エコ食器」にリサイクルする。さらにエコ食器を食器市で販売し、資源の循環を目指す。このほか、エコ陶芸教室も開催している。

東京商工会議所検定センターの北川祐介さんは、「受賞者の取り組みは、やる気さえあれば、自社・個人の資産を活用してどなたでも取り組める好事例。アワードを通じて広めていきたい」と意気込む。

3月22日には、「eco検定アワード2012」の表彰イベントが東京商工会議所ビル(東京・千代田)で開催される。表彰式のほか、受賞者によるプレゼンテーションや交流会も開催される。参加費は無料で、申し込みは、東京商工会議所のウェブサイトまで。

受賞者一覧は以下のとおり。

<エコユニット部門>

大賞:
大橋運輸株式会社

優秀賞:
アサヒビール株式会社
カネパッケージ株式会社
公栄運輸株式会社
株式会社第四銀行
高崎経済大学地域政策学部・飯島明宏ゼミナール
株式会社ブリヂストン
森ビル株式会社

<エコピープル部門>

大賞:
増田功雄 氏(「エコなうつわ屋さん」代表)

優秀賞:
石原可奈子 氏(ミュージシャン『ピュアニスト』)
柏岡恵子 氏(星光ビル管理株式会社)
梶原洋一 氏(兵庫県立三木北高等学校 教諭)
岸本和美 氏(ブランシェス株式会社)
林昌明 氏(前田建設工業株式会社)
宮田奈美子 氏(中村学園大学名誉教授)
柳田武彦 氏(環境市民団体エコネット沼津)

(オルタナ編集部=吉田広子)

ページ: 1 2

2013年3月19日(火)13:27

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑