WWFが支援、サンゴ礁保全活動がコカ・コーラ環境教育賞・大賞受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

WWFジャパン(事務局:東京都港区、会長:德川恒孝)が支援をしている、沖縄県石垣島白保地区のサンゴ礁保全団体「白保魚湧く海保全協議会」は、8月10日、『第20回コカ・コーラ環境教育賞活動表彰部門』において最高賞である大賞を受賞しました。

白保地区では、地先のサンゴ礁を先祖から受け継いだ財産と位置づけ、地域の住民、学校、環境団体、行政が一丸となって自然環境の保全と活用を同時に行う村づくりをすすめています。最終審査となったプレゼンテーションでは、白保中学校の生徒2人がこれまでの取り組みについて発表を行い、「地域が一体となって行っている保全活動であること」「子どもたちが自発的に保全活動を行っており、それが先輩から後輩に受け継がれていること」などをアピールしました。

2005年7月に設立され、今年で活動9年目を迎える「白保魚湧く海保全協議会」では、2013年現在、小学生118人、中学生67人、教員・指導者30人の全215人が活動しています。「地域の海を地域で守る」を合言葉に、学校、地域住民、環境団体、行政が連携し、次世代を担う小中学生に対して、サンゴ礁体験、環境調査、環境保全活動などの体験学習を行っており、自然の恵みを上手に利用してきた先人の知恵を受け継ぐことで、地域への誇りと郷土愛を育て、自然環境保全と地域活性化の両方を実現することを目的としています。具体的には、白保小学校、白保中学校の総合的な学習の時間を主に活用し、以下のような活動を行っています。

1.サンゴの学習:シュノーケリングによるサンゴ礁観察会など
2.伝統的な定置漁具「海垣(インカチ)」の復元、および漁体験
3.サンゴ礁保全のための農地周辺へのグリーンベルト(月桃)植栽
4.シャコガイの放流およびそのモニタリング調査
5.世界海垣サミットin白保開催(2010年10月31日~11月1日)
6.県外からの自然体験活動の受け入れ、交流 他

■コカ・コーラ教育・環境財団 財団理事 小澤紀美子(こざわ・きみこ)氏による総評:
「地域との連携がポイントになりました。対象となった取り組みは、大人から学ぶ、地域の大人とともに学ぶ、という姿勢が良かったです。今回は、地域とのつながりが見える活動が多いのが特徴でした。それはとても評価できることであり、自然、文化、地域の持続性があってこそ真にサスティナブルな取り組みと言えると考えています」

■受賞に際しての関係者コメント
・白保魚湧く海保全協議会会長 新里昌俊(しんざと・まさとし):
「みんなのがんばりが大賞という結果につながってとても嬉しく思います。これからも、海の活動、特にシャコガイの放流など、海の恵みをもらうだけでなく、守り育てていく取り組みも、子々孫々までやっていけたらと思っております」

・白保魚湧く海保全協議会理事・WWFしらほサンゴ村代表 上村真仁(かみむら・まさひと):
「今回は、協議会としての受賞でしたが、長い歴史のなかでのサンゴ礁保全への地域での取り組みや、小中学校、地域が連携しながら、継続した保全活動と、次世代を担う子どもたちへの『海への想い』を受け継ぐ教育の仕組みを作りあげてきたことが、評価されたのだと思います。この大賞受賞を機に、地域での環境教育、環境保全活動がますます活性化していくことを期待します」

・発表者:白保中学校 上村眞紀子(かみむら・まきこ):
「小さいころから地域の人たちと一緒に活動に参加してきたことや、先輩から受け継いできた海垣漁や月桃植えといった活動を大賞という形で評価してもらえて嬉しいです。これからは大賞の名に恥じないように、積極的に地域の人たちを巻き込んで、活動を続け、後輩たちにも伝えることでサンゴの悪化を食い止めたいです」

・発表者:白保中学校 石垣希望(いしがき・のぞみ):
「サンゴが死んで少なくなっているけど、私たちが取り組んでいる活動を知ってもらい多くの人に協力してもらえればと思い、発表しました。大賞をもらったので、もっともっと白保の海の現状、サンゴが減っていること、人間が海を汚していること、でも、白保ではみんなが海を守ろうとして努力していることを、白保に来る人たちに伝えていきたいです」

■「コカ・コーラ環境教育賞」

環境ボランティア活動の助成・支援を通して、環境教育・環境保全活動を促進する事を目的に、1994年に創設。以来、20年にわたり、環境教育に関する活動が顕著である団体・個人を顕彰している。第20回となった今回は、小中学生とその指導者を対象とする「活動表彰部門」に全国108団体が応募し、7月に「白保魚湧く海保全協議会」を含む10団体が優秀賞として選出された。さらにこれら10団体が、8月10日に北海道・夕張郡にて開催された『コカ・コーラ環境フォーラム』における最終選考会でプレゼンテーションを実施し、「白保魚湧く海保全協議会」の大賞が決定した。

■この件に関するお問合せ
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
東京都港区芝3-1-14 日本生命赤羽橋ビル 6F
URL: http://www.wwf.or.jp
電話番号: 03-3769-1714
受付時間: 平日10:00~17:30

WWF サンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」
沖縄県石垣市字白保118

2013年8月12日(月)19:05

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑