8/28 メディア対象、勉強会「マグロ資源管理」

このエントリーをはてなブックマークに追加

メディア対象セミナー
「スクール マグロ資源管理」
2013年以降のマグロ資源管理国際交渉合意に向けた勉強会

マグロ資源管理の国際交渉は、その基礎である科学的情報を読みとくことが難しく、さらに経済、政治、技術論にわたって複雑であるため「わかりづらい」という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

WWFジャパンでは、記者の皆さまを対象にして、日本の視点から今もっとも大切だと思われる太平洋クロマグロ資源の議論の論点を整理し、皆さまと意見交換を行う勉強会を、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)第9回北小委員会(9/2~9/5)の直前、8月28日に開催いたします。

2010年の第15回ワシントン条約締約国会議で、大西洋クロマグロの附属書Ⅰへの掲載が提案されて以降、世界の海を回遊するマグロ類の保全管理を海域ごとに担う、地域漁業管理機関(RFMO)での国際交渉の動向が、国内外で注目されています。

特に今年7月には、太平洋クロマグロが歴史的な過剰漁獲状態に陥っていることが、科学委員会から指摘され、日本が消費の80%を占める太平洋クロマグロの資源管理の行方が注目を集めています。

今回は、まもなく始まるWCPFC北小委員会を前に、科学委員会の日本代表でもある国際水産資源研究所・中野秀樹氏をお招きして、資源管理の基礎的な考え方も含めてご講義いただきます。この機会に、ぜひご参加ください。

とき: 8月28日(水) 15:00~17:00
ところ: WWFジャパン事務局 7階会議室
(東京都港区芝3-1-14 日本生命赤羽橋ビル7F)
(地図→ http://www.wwf.or.jp/aboutwwf/japan/map.html
対象: 報道関係者

■お申込み先
WWFジャパン水産プロジェクト
E-mail: fish●wwf.or.jp
(E-mail を送る際は、●を@に変えてお問い合わせください)

【プログラム】
14:45 受付
15:00~15:15 解説「WCPFC、IATTCにおける太平洋クロマグロの管理措置の概要」(WWFジャパン山内愛子水産プロジェクトリーダー)
15:15~16:00 講義「太平洋クロマグロ資源の現状と科学委員会による保全管理勧告」(国際水産資源研究所くろまぐろ資源部中野秀樹部長)
16:00~17:00 Q&A
17:00 終了

【リリース発行元】
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
〒105-0014 東京都港区芝 3-1-14 日本生命赤羽橋ビル6F
Tel: 03-3769-1711(代)
Fax: 03-3769-1717
HP: http://www.wwf.or.jp/

2013年8月20日(火)17:35

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑