リコー、インド農村部に人材派遣

このエントリーをはてなブックマークに追加

【プレスリリース】

リコー、途上国派遣の新教育プログラムを開始

株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、グローバル人材の育成教育の一環として、途上国を派遣先とする新しい教育プログラムを開始し、第一陣となる5名が、11月9日にインド北東部に位置するビハール州の農村での5週間の滞在生活をスタートさせました。

リコーは、加速するグローバル経営の進展に伴ってグローバル人材の育成・活用に注力し、国内外リコーグループ関連会社の経営幹部候補向け育成プログラムや国や組織の枠をこえた人材活用プログラムなど、様々な施策を展開しています。

今回開始するプログラムは、このグローバル人材の育成施策の一環で、日本とは環境が著しく異なる途上国において、多様性に順応し、自ら苦境を切り拓くことのできる日本人社員の発掘・育成を目的としています。リコーが、すでにインドで展開しているBOPプロジェクトで連携しているDRISHTEE(ドリスティ)(※)とのパートナーシップのもとに運用します。

具体的には、社内で公募を行い、応募者の中から選定された10名が、5名ずつ、インド・ビハール州に、5週間滞在します。第一陣の滞在が11月9日にスタートし、第二陣は来年1月18日スタートを予定しています。

最初の一週間は、プログラムの推進にあたり必要となる最低限の情報提供、指導等がDRISHTEEから行われます。その後は、現地コミュニティからの情報収集、関係者との議論や社内のネットワークを駆使して、「滞在地域の農業・製造業・小売業それぞれについて課題解決に向けた提案をする」という活動に移行します。

滞在先には、都市部では思いつかない社会問題が存在し、先進国では当たり前に利用できる商品、サービス、技術は限られています。これまでの価値観や日本での常識が通じないという環境の中で、現地に入り込んで、相手の真のニーズを汲み取り、実現かつ持続可能な改善・提案策を現地目線で提案することが求められます。

このプログラムを通じて、異文化の環境下で、問題解決の力を養い、異なる価値観の周囲の人々に影響を与えながら、現地にお役立ちできる人材を育成します。このプログラムは、国境・組織を越えた「お役立ち」のネットワークを推進する を意味する、「Ricoh – BorderlessOYAKUDACHI Network Drive」の頭文字をとって、「R-Bond Program」と名付けられています。

帰任後は現地での体験を活かした発想、姿勢が所属組織で発揮され、周囲に対してよい影響を与えることも狙いとています。また、実際に新興国に赴任し、現地でのビジネス展開で大いに力を発揮することを期待します。

このプログラムは、今後も継続して実施され、プログラム参加者によって提案される課題解決案は、実施に向けて現地でDRISHTEEに引き継がれます。リコーは、このプログラムとは別に既に、インド農村部におけるBOPプロジェクトをDRISHTEEと共に展開しており、本プログラムとの連携も模索していきます。

将来的には、この新教育プログラムを海外関連会社を含めたリコーグループ全体のログラムとして展開し、様々な国籍のリコーグループ社員が一緒になり、今回のインド農村地のみならず、ラテンアメリカやアフリカにおいても、途上国でのお役立ち活動や真の顧客起点を体験する、広い意味でのグローバル人材の育成プログラムとして活用していく予定です。

(※)DRISHTEE:農村部の経済発展を目指すインドの社会企業

DRISHTEE

リコーのBOPプロジェクト

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2013年3月期リコーグループ連結売上は1兆9,244億円)。

人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、下記をご覧ください。

株式会社リコー

2013年11月12日(火)20:07

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑