欧州外で初のフェアトレードタウン国際会議、3月に熊本で開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

「第8回 国際フェアトレードタウン会議」が3月29~30日に熊本市国際交流会館で開かれる。毎年恒例の同会議が欧州を離れるのは初めて。アジア唯一の「フェアトレードシティ」である熊本市は、「熊本から世界へ ひとつなぐフェアトレード」と題した祭典で、公正な貿易を目指す活動のアジアでの普及を図る。(オルタナ編集委員=瀬戸内千代)

同会場では前日からイベントを催し、3日間で約20カ国から延べ1000人の来場者を見込んでいる。主催団体の「フェアトレードシティくまもと推進委員会」は、オーガニックコットンの取引先であるブータンからゲストを呼んで講演・座談会を行う。また、アジア各国の生産者を招き、「フェアトレード国際学生会議」やフェアトレード産品の見本市、ファッションショーなどを実施する。

英国発祥のフェアトレードタウン運動は、「町ぐるみ」でフェアトレードの輪を広げる取り組み。2000年に始まり、すでに世界23カ国、計1300以上の地域が「市民がフェアトレードを応援する街=フェアトレードタウン」として認定されている。

日本では、2011年に発足した一般社団法人フェアトレードタウン・ジャパン(FTTJ)が6つの基準を設けて認証している。熊本市は2011年6月に認定された。なお市議会で認定されれば「フェアトレードシティ」、町議会なら「フェアトレードタウン」と称する。

ページ: 1 2

2014年2月18日(火)10:27

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑