編集長コラム) リアルアンパンマン、もう一つの教訓--企業の社会的評価が株価を左右する時代

このエントリーをはてなブックマークに追加


2月14日からの大雪の影響で通行止めになった中央自動車道の談合坂サービスエリアで、山崎製パンの運送トラック運転手が、立ち往生したドライバーらに積荷のパンを無料で配布したことが話題を集めた。

報道などによると、山崎製パンは「特に会社として指示したものでも、非常時の対応として(商品の配布について)の規定があるわけではありません。運転手が機転を利かしたのでしょう」と答えている。

今回の「美談」は新聞やテレビ、オンライン記事などでも報道され、ツイッターやフェイスブックでも盛んに拡散した。その広告効果は2億円以上との記事もある。株価も、2月14日の1110円から週明けには1170円に上昇。時価総額は数日で130億円ほど増えた計算だという。

一方、同じ大雪の中で評判を下げた事例もあった。埼玉県内のコンビニが「店から一人出ないと次の客は入店できない」という入場規制を敷いたのだ。

ページ: 1 2 3

2014年3月2日(日)19:09

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑