女性蔑視のままではグローバル化もままならない

古今東西、この問題は存在していたが、戦後は欧米を中心に、特に米国社会では女性進出が相当程度前進してきた。「ウーマンリブ」などに象徴される現象が起こり、日本の社会もそれなりに追随してきたかのように見えた。

先週、仏パリ大学商科大学院で教鞭をとっていた時、グローバル・サプライチェーン学部の半数以上の学生は女性であったため、敢えて特定の問題に触れなかったが、ジェンダー・エンパワーメント指数(GEM: gender empowerment measure)の統計資料を見せて若干議論した。

この指数は国連開発計画が導入した女性の政治参加や経済界における活躍、意思決定に参加できるかどうかを表すもので、日本は42位にランクされた実績がある。最高位は北欧諸国が占めている。

※GEM: Gender Empowerment Measure; how much progress women have made in terms of entering the areas of politics and business.
ジェンダー・エンパワーメント指数(英語:gender empowerment measure、略称:GEM)、は、女性の政治参加や経済界における活躍、意思決定に参加できるかどうかを表す指数。国連開発計画(UNDP)が導入した。

※GGI(ジェンダー・ギャップ指数)
備考)国連開発計画(UNDP)「人間開発報告書」及び世界経済フォーラム「グローバル・ジェンダー・ギャップ報告書」より内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Officeが作成
男女共同参画に関する国際的な指数:101位/135か国
2012年

順位 国名 GGI値
1 アイスランド 0.864
2 フィンランド 0.845
3 ノルウェー 0.840
4 スウェーデン 0.816
5 アイルランド 0.784
6 ニュージーランド 0.781
7 デンマーク 0.778
8 フィリピン 0.776
– – –
101 日本 0.653

経済、教育、保健、政治の分野毎に各使用データをウェイト付けして総合値を算出。その分野毎総合値を単純平均してジェンダー・ギャップ指数を算出。
0が完全不平等、1が完全平等。

ページ: 1 2 3 4

2014年6月30日(月)12:45

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑