[CSR]キリンビール、福島産和梨を使用した「氷結」でCSV目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤知事(写真真ん中)に「キリン 氷結 和梨」の販売を継続することを 伝えた布施社長(左)と椎屋直孝福島支社長

佐藤知事(写真真ん中)に「キリン 氷結 和梨」の販売を継続することを伝えた布施社長(左)と椎屋直孝福島支社長

キリンビールは7月31日、福島産和梨の果汁を使用した「キリン 氷結 和梨」を昨年に続き、今年も期間限定で発売することを発表した。キリンビールマーケティング・布施孝之社長が福島県庁を訪れ、佐藤雄平県知事に「福島の美味しさを一人でも多くの人に知ってもらうべく、今年も販売を継続します」と報告した。キリングループは、事業活動によって社会課題の解決に貢献するCSV(共有価値の創造)の実現を目指している。(オルタナS副編集長=池田真隆)

同商品で使用する梨は、福島県内の農家が生産したものだ。放射性物質の検査は、国の基準値よりも厳しい、同社が設けた自主規制値をもとに、梨の生育から加工までの各過程で3回にわたり実施している。

使用する梨は今年8~9月にかけて収穫し、11月4日から全国で発売する。

昨年は、11月に販売したところ、すっきりした飲み味と梨のさわやかな香りが20~30代の女性に受け、年内に工場から全量の出荷を終えた。

昨年の出荷数量は21万ケースだったが、今年は7割増の37万ケースを予定している。さらに、男性からの支持も集めるため、350ml缶だけでなく、500ml缶も販売する。布施社長は、「商品の認知拡大に力を入れていきたい」と意気込む。

今年は商品の売り上げ1本につき1円が東北の農業の復興支援に活用される「復興応援 キリン絆プロジェクト」の対象ではないが、キリンビールは福島県内の復興支援イベントやキャンペーンに協賛していく予算を確保しているという。

ページ: 1 2

2014年7月31日(木)16:35

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑