「育児と仕事」キャリアを中断せずに働く3児の母に聞く

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本コカ・コーラ、技術・サプライチェーン本部の乙黒慧は、入社17年目の生え抜き社員。家では3人の子どもの母親でもある。育ち盛りの子どもを持ちながらも、しっかりとキャリアを重ねてこられた背景には、会社の文化や制度、さらには同僚との助け合いがあった。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

■3度の職場復帰を果たした女性社員

山に植樹をする親子(群馬・丸沼高原)

山に植樹をする親子(群馬・丸沼高原)

「お母さん、早く早く!」
 山の急斜面を一気に駆け上がる3人の子どもたちが、下にいる母親を呼び寄せる。
「そんなに高い所まで行けないわ。こっちから投げてみるから、ちゃんと受け取ってね」
 母親が手に持つのは木の苗。親子はこの山に、木を植えようとしていた。
「大きく育つといいね」
 土まみれになった親子は、自分たちが植えた木が育った様子を想像しながら、しばらくそれを見つめていた――。

2015年5月のある土曜日、群馬県片品村の丸沼高原に、多くの新しい苗木が植えられた。日本製紙と日本コカ・コーラの協働プログラム、「森とスマイル」の一環として行われた植樹イベントによるものだ。

「休日にこうやって、子どもたちといっしょに外で過ごすのが何よりも楽しみなんです」

イベントに親子で参加した乙黒慧は、日本コカ・コーラの社員である。この日は活発な子どもたちを温かく見守る3人の母親として温和な表情を見せていたが、会社の中では一転、引き締まった表情を見せる。

乙黒は現在、技術・サプライチェーン本部の、コマーシャリゼーションマネジャーという立場で仕事をしている。いったいどんな仕事なのか。

ページ: 1 2 3 4 5 6

2015年7月1日(水)14:06

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑