ネットオークションでNPOの資金調達

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年4月、老舗オンラインオークションサイト「eBay(イーベイ)」で、「ファーストアップルオークション」が行われた。目玉のアップル初代コンピューター「Apple-1」の最終落札額は23万6千ドル(約2800万円)。売上の一部は、「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」の啓発活動や研究費用に寄付されるという。

オークションの運営を任されたオークションコーズのエリッ ク・ゲイズン社長(写真右)

オークションの運営を任されたオークションコーズのエリッ ク・ゲイズン社長(写真右)

このオークションを手掛けたのは、米ロサンゼルスでオンラインチャリティーオークションのマーケティングを行うオークションコーズだ。

売り手は、作家のボブ・ルーサー氏。今回イーベイを通じて、Apple-1やほかのアップルのコレクターズアイテムを出品することにしたのは、友人が苦しむALSの研究費に売上の一部(10%)を寄付するためだという。

ルーサー氏は、「今回エリック・ゲイズンが率いるオークションコーズに、ネットオークション全てを任せることにしたのは、何よりも取り扱うものが貴重で、高額なものだったからだ」と言う。

「実際に商品を手に入れようとする真剣な入札者を選別し、オークションそのものの質を保つことは素人には難しい。関連商品を合わせると、今回のオークションは200点に及び、オークションの状況を逐一確認したり、商品を米国内や海外へ発送するためには、プロの手が必要だと感じた」と続ける。

■NPOの認知度向上にも

ページ: 1 2

2016年2月8日(月)10:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑