英国EU離脱を「有限地球史観」から考える

石井 吉徳
東大名誉教授/もったいない学会名誉会長/元国立環境研究所長(第9代)
このエントリーをはてなブックマークに追加

石井吉徳 東大名誉教授/もったいない学会名誉会長/元国立環境研究所長(第9代)

EU離脱の国民投票の結果は、まさに僅差であった、市民の意思は揺れ動き、国民にはさまざまな迷いがあったのであろう。色々な解説、コメントが世界や日本に流れた。それは今も続く。だがそのほとんどは経済的側面からである。

メディアや識者の関心は為替の変動、株価下落などに集まっている。だが、私は自然科学者として、かなり違った角度から見ている。それは「食料、エネルギー、軍事」の文明的視点である。

なぜ、多くの人が、このように迷うのだろうか。自信がないのだろうか。当の英国の離別派のリーダですら、選挙後の発言がぶれ、批判されている。市民も「あれで良かったのか」と後悔する、そして再投票をとの声を上げ、その数は300万人を超えるという。

このような世論、迷いに対して、ご参考までに、私の文明的視点を述べてみよう。それは地球物理学者としての、一史観と言って良いが、基本的にそれは「有限地球論から、無限の経済成長はあり得ない」というものである。

世界に蔓延する、「マネーばらまき」的な経済政策は一部裕福層のみを利する仕組みであり、上位1%が富の殆どを占有し、格差下位99%は損をする。

「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴り落ちる」という、いわゆるトリクルダウンは機能しなかった。これは古来、金持ちはより儲けようとする、ベニスの商人の逸話にもある、強欲資本主義の「性」というべきだろうか。

ノーベル経済学賞学者であるジョセフ・E・スティグリッツは、近著「The Price of Inequality–How Today’s Divided Society Endangers our Future] 2012で詳細に論じている。

ページ: 1 2

石井 吉徳
東大名誉教授/もったいない学会名誉会長/元国立環境研究所長(第9代)
東京大学理学部物理学科・地球物理学卒。東京大学名誉教授であり、「もったいない学会」会長。元国立環境研究所長でもある。専門は地球学、エネルギーと資源の科学など。単著書には『石油最終争奪戦ー世界を震撼させる「ピークオイル」の真実』(2006)、『石油ピークが来た―崩壊を回避する「日本のプランB』(2007)、『石油ピークで食糧危機が訪れる』(2009=いずれも日刊工業新聞社)がある。

2016年7月5日(火)13:08

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑