「パーパス・ブランディング」という潮流

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年6月に米サンディエゴで開かれた「サステナブル・ブランド国際会議(SB)2016」を訪れた。会場に掲げられたメインテーマは「アクティベイティング・パーパス(Activating Purpose)」という文言だった。(オルタナ編集長・森 摂)

この国際会議は現在、コペンハーゲンやバルセロナ、シドニーなど世界12都市で開かれている。2017年3月に日本で開かれる予定の「第1回サステナブル・ブランズ国際会議in 東京」でも、他の11都市と同様、「アクティベイティング・パーパス」がテーマになる。

ところで、この「パーパス」という言葉は多くの日本人にとって少々分かりにくい言葉だろう。受験英語では「目的」「意図」「用途」と訳されることが多いが、この場合は少し違う。

英英辞書を見ると、[the reason for which something is done or created or for which something exists]とある。「何かが為されるか、生み出される理由。または何のための存在するかという理由」という意味だ。一言で言うと「存在意義」だ。

そして、この「パーパス」を使ったブランディングが、海外では数年前から注目されている。

米ハーバード・ビジネス・レビューのオンライン版に「あなたの会社のパーパスは、ビジョンでもミッションでもバリューでもない」という記事が載っている(2015年9月3日付け。筆者はグラハム・ケニー氏)。

この記事で「パーパス」と、「ビジョン」「ミッション」「バリュー」との違いが分かりやすく書かれているので、少し紹介しよう。

ページ: 1 2

2016年10月19日(水)0:34

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑