寄付月間に寄せてーー寄付も立派なCSR/CSV 

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から12月。ところで日本では12月を「寄付月間~Giving December~」(実行委員長・小宮山宏・三菱総合研究所理事長)と定めて、個人や法人による寄付を奨励していることをご存じだろうか。(オルタナ編集長・森 摂)

日本の寄付市場は約1.5兆円とされる。東日本大震災を機に、約1.5倍に増えた。だが、その原動力は、個人の寄付(7409億円、2014年)で、法人からの寄付(6986億円、2013年)はこの5年間、ほぼ横ばいである(いずれも「寄付白書2015」=日本ファンドレイジング協会編)。

以前の編集長コラムでも触れたが、近年、企業の間ではCSV(共通価値の創造)や本業を通じたCSR活動ばかりが強調され過ぎて、「企業の余剰利益に頼る寄付は限定的であり、本業に関係ない寄付に意義はない」とする意見が増えてきた。

本業を通じたCSR活動やCSVの重要性はその通りだが、一方で企業からの寄付に支えられているNGO/NPOも多数あり、寄付自体に意味がないとする訳にはいかない。むしろ、企業からの寄付は今後、より戦略的に、目的を明確にして発展させていく必要があるだろう。

では企業は何のために寄付をするのだろうか。それは、企業では一つ一つに対応できない社会的課題の解決においてその先陣となるNGO/NPOに意思を託す、ということにほかならない。それを明確にすることが戦略的な寄付につながる。

ページ: 1 2 3

2016年12月1日(木)15:34

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑