東京都が備蓄食品を配布、防災と食品ロス削減意識を

このエントリーをはてなブックマークに追加
防災と食品ロスは常に意識したい image credit:tyle_r

防災と食品ロスは常に意識したい image credit:tyle_r

東京都は2月末に賞味期限切れになる防災備蓄用のクラッカー約10万食を配布する。6日、小池都知事は定例会見で、防災備蓄食品を有効活用していくシステムを構築したいと話した。一般配布は都内のイベントなどで行い、都内の法人・団体は、5箱以上の引き取りを条件に、16日まで東京都のホームページから申し込みができる。防災と、食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」削減について、考えてもらう狙いがある。(オルタナ編集部=松島 香織)

防災備蓄を管理している福祉保健局が、昨年秋に環境局資源循環推進部に相談し、配布を実施することになった。ホームページからの申込数は、現在集計中だが、法人・団体からの問い合わせだけでなく、一般からも連絡があり、反響があるという。

「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年1月13日(金)20:42

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑